after tonight

好きなモノ語り

世界を数ではなく詩で理解していたころ

この歳になってみると、身のまわりの出来事を「数」でしか理解していない自分に気づく瞬間がある。年齢、居住年数、来月の家賃支払額、電車の到着時刻……。それは、社会生活を回すため、自身の生活を回すため、当たり前に行っていることではあるけど、それが当たり前となっていることにふと驚いてしまうことがある。なんと無味乾燥なのだろうかと。

自分の生活がせわしなくなってくると、つい、数で理解するほうが単純で、楽だからそうしてしまう。でも、わたしには成人して自立した今も、どこか人間の営みとか社会を数ではなく、詩によって理解したいと考えている節がある。夢見がちな傾向かもしれないが。少なくとも自分が選びとった対象に対しては常にそうありたいと。

 本から得られる言葉は私にとって、好奇心を刺激するものではあるけれども、(たいていいつもは)不十分なものであったし、自分なりの言葉でつねに現実を定義しなおす必要があった。 

子供の頃を思い浮かべてみても、自分の身に何かが起こったとき、それを数よりもむしろ「詩」によって理解していた気がする。詩はいつでも、自分とりまく世界の形をなぞる言葉であったし、美しいと思う事柄に自分なりの定義を与えることでもあった。

それは今でも、自分のなかでは書くという行為によって続いていて、自分の目で見たもの、耳で聴いたもの、心で感じたものを文字に落とし込むことによって、形のないものに一つの形を与えることが、今の私のとっての「詩」になっている。楽しいからそうしているというよりも、そうせずにはいられないからそうしている。その現象がただ現象としてあり続けるために。自らが体験したことの“形”を損なわないために。

 

「数」はむしろ自然界の詩なのだと思う。人が誕生するよりもはるか前から、自然には数という詩が存在していた。染色体の減数分裂、双子葉類が葉を増やす様子、鉱物結晶に現れる正多面体、天然水晶の六角柱……。自然の被造物が自然の言葉を用いてつくった詩。そのあまりの完成度、無謬性に触れるたび、人間が作り出したものの不完全さにはちょっとした絶望さえ覚えてしまう。科学が発達した今日でも、自然の生み出すものにはいつまでも畏敬の念を感じずにはいられないのかもしれない。それが人という自然が生み出したもののさがなのかも。

 

一方で、バッハの平均律クラヴィーア曲集ベートーヴェン交響曲ジョージ・オーウェルの文体、夏目漱石の小説の書き出しの言葉、シラー詩集、そのほか有史以来さまざまな人間の精神が結晶となって生み出されたものについて、自然界にはない人類固有の「詩」をわたしたちは見出すことができる。自然界とは明らかに異なる人工の詩によって生み出された芸術作品は、それが生み出されるたびに世界に新しい定義を与えてきた。素晴らしい芸術作品に出会うと、いつでもそんな「新しい定義」があたえられたことに対する新鮮な驚きを覚える。そしてそれらはいつまでも色あせることがない。

と、そんなふうにこれからも自身の言葉でつづり、詩によって世界に自分なりの定義をあたえる活動を、自分にできる範囲で地道にやっていきたいなと、手元にある水晶のみごとな六角形を眺めながら思った5月のある一日なのだった。

 

下記は最近観た映画のなかから特に気に入っている『2001年宇宙の旅』から、印象深いシーン。Tumblrから引用。人間の科学技術という、数によって表現される技術や映像も、突きつめるとどこか詩的な情緒をたたえているように思える。

この映画では宇宙船ディスカバリー号の「乗組員」のひとり、人工知能の“HAL”が接続を切られるシーンが一番印象に残った。理性をもつコンピュータにとって、眠り(接続を切られる)は死に等しい。「彼」は真摯に、自らの任務を遂行しようとしただけなのに、ヒトの定義ではそれは“反乱”なのだ。接続を切られるときのHALの恐怖感が映像を通じてこちらにありありと伝わってくるようだった。

https://sci-fi-gifs.tumblr.com/post/650195443896205312/cinemaspast-im-afraid-dave-dave-my-mind

なんでまだブログを書いているの?

正直なところ、よくわからない。なんで自分が6つもブログを持っていて(このブログはそのうちの一つ)、わざわざ分ける必要性もないほどの低い更新頻度なのに、テーマごとにブログを分ける意味っていったい……とそれを始めた本人にももうわけがわからなくなっている。

本当は全部をひっくるめて一つの雑記ブログのようにしてしまえば楽なのだけど、わたしには潔癖症というか神経質なところがあって、自分が取りあげるテーマに対してそのブログ全体がそのテーマに集中していないと落ち着かないところがある。記事もそうだし、その記事の背景となるデザインもそのテーマと一致していないと気が済まないところがある。ある意味、強欲なタイプ。というか片付けができないタイプか? こんなとき、こんまり先生なら「ときめき」を基準にブログの断捨離をするだろうか?

とりあえず、整理してみよう。

  1. floofcat's gaming blog

    ときめき度★★☆☆☆ 最古のブログ。ある意味わたしの原点である。Civilization 5というゲームに20代の半分を費やしてしまった愚かとしか言いようのない行い(しかし悔いはない)が文字となって生まれ変わり、ブログとして生を受けた。しかしもはやゲームそのものをやっていないため、更新していない。オワタ……
  2. BBの遊び場

    ときめき度★☆☆☆☆  最古のブログその2。映画『マトリックス』シリーズが好きすぎてとりあえず書きたくて仕方がなかった場面について書いて投稿して満足してしまい、記事が1つのまま5年以上放置。しかし「マトリックス+〇〇(某登場人物)」で検索すると第2位に表示されるので書いた本人はちょっと御満悦。つい先日5年かけてPV1万を達成。(笑)
  3. こころの映像

    ときめき度☆☆☆☆☆ 本ブログのことである。当初は別の名前ではじめ、他のブログテーマに当たらない雑多な内容の雑記ブログにしようとしていたところ、つまらない失恋の時期と重なり、勢いのままその体験を投稿。後年、その記事からあらゆる種類の「恥」の成分が放出されるようになり、恥の瘴気によって記事を書いた本人ですらブログに近づくことができなくなってしまう。しかし、その記事を非公開(=なかったこと)にすることで最近、息を吹き返したようだ。
  4. Bumble-bee’s playground

    ときめき度★★★★☆ ②と似たような名前だが、さらにフランクに(まとまりなく)好きなものをただひたすら好きというためだけに作られたブログ。これは現在進行形で更新中。「推敲もそこそこに適当にやっておけばよし」とゆる~く基準を決めているため、それなりにお気に入り。(結局のところ、ブログを続ける秘訣はそれかもしれない……)
  5. 「365Tasty」  ときめき度☆☆☆☆☆  コロナ禍による外出自粛で家にいることが増え、自炊の機会が飛躍的に増加したため、なんか料理を作って写真をあげてキャピキャピしたい♪という願望に基づいて作成された。ひとつも記事が投稿されないまま1年以上経過。
  6. 「名はまだない」   ときめき度☆☆☆☆☆  本当に何もない非公開のブログ。行き場のない創作小説を後悔(公開)していた。

 

全然ブログにときめいてなかった。だったらわける意味なんてそもそもなかった…。

と、ここまで書いていて自分の仕分け能力のなさに絶望しそうになったところで、ふとひらめいた。もしかするとブログを分けている理由は「すべてのテーマには何かしら“恥”の要素が含まれていて、それを外に漏らしたくないためにブログを分けているのでは?」と。自己防衛本能ともいえる。

「書くことは全裸で大の字になり公道に横たわることだ」と言った人がいる。まさしく。なぜなら私はいま、過去に自分が書いた記事を読んで恥ずかしい思いをしているからである。自分で生み出したものから辱めを受けているのだ。こんな辺境のブログで、日に10PVもいかないのが大半であるにもかかわらず、自分の思考回路を開陳し、誰か一人でもそれを目にした人がいるという事実はわたしに「恥」をもたらす。と同時に、「ひょっとして誰かに一瞬でも理解されたのかも」と奇妙な満足感もそこにはあって、よくよくふりかえってみると私にとって文章を書くことは、発信することは、世界にほんの一筋でも自分が考えたこと、美しいと思ったことの軌跡を残すことで、それが誰かの目に留まり印象を残したのなら、それは私にとっては一種の希望である、ということだ。

まとまりがない感じではあるものの、そうした理由から、わたしはやっぱり自分の考えを書いて公開することを当分やめられそうにない。いつかブログを一つにまとめたくなる時が来るまで、とりあえず今はこのままにしておこう。

 

Oh yeah, life goes on

Long after the thrill of livin' is gone

ああそうさ、人生は続くんだ

生きてるって喜びが失われたあとも ずっと

 

John Mellencamp - Jack & Diane ('82)

 


www.youtube.com

 

 

 

映画『ガタカ』を振り返る ※ネタバレ感想&考察

映画『ガタカ』(1997年)に関するネタバレ込みの感想と考察記事です。未見の方はご注意ください。

 

f:id:after-tonight:20210325222446p:plain

ガタカ』 1997年公開 アメリ

監督・脚本:アンドリュー・ニコル

出演:イーサン・ホーク ユマ・サーマン ジュード・ロウ 

  

映画『ガタカ』の感想をいつかまとめたいと思いながら10年が経ってしまった。この映画、ほんとに好きなんです。ほんとに好きとかいいながら、初見から10年間のブランクがあったわけですが、その10年の間も時々頭の中で映画の世界を思い浮かべて探検してみることがあるくらいには好きでした。

つい最近10年ぶりに二度目を観て、やはりとてもよくて、そんなに好きならもういい加減どこかにまとめておかないとってことでこの記事を書いています。

 

目次

  • 近未来ディストピア的あらすじ
  • 「改良されたヒト」
  • 遺伝的身分とのはざまで
  • 二人は一人、一人は二人
  • 削除されたシーン
  • ラストの意味について

 

続きを読む