after tonight

好きなモノ語り

【和訳】誰かと見たあの夢の続きは Tracy Chapman - Fast Car ('88)

 

 

 

 Tracy Chapman - Fast Car

 

youtu.be

 

 

You got a fast car
I want a ticket to anywhere
Maybe we make a deal
Maybe together we can get somewhere
Any place is better
Starting from zero got nothing to lose
Maybe we'll make something
But me myself I got nothing to prove

あんたの速い車でさ

どこでもいいから私も連れてってよ

私たち、きっとうまくやれるはずよ

一緒ならきっとどこかへたどり着けるはず

どこだっていいの ここじゃないのなら

ゼロから始められて 何も失うものがないところに

ふたりならなんとかなるかもしれない

そうなるって保証はなにもしてあげられないけどさ

 


You got a fast car
And I got a plan to get us out of here
I been working at the convenience store
Managed to save just a little bit of money
We won't have to drive too far
Just 'cross the border and into the city
You and I can both get jobs
And finally see what it means to be living

あんたは速い車を持ってるし

私にだってあんたと私がここから抜け出すための作戦があるの

コンビニでずっと働いてきたからさ

お金も少し貯まってる

そんなに遠くまで車を走らせなくてもいいのよ

あそこの境目を超えて都会へ出られればいいの

ふたりとも新しい仕事についたらさ

いつかは生活してくってことの意味が分かるかもしれないでしょ

 


You see my old man's got a problem
He live with the bottle that's the way it is
He says his body's too old for working
I say his body's too young to look like his
My Mama went off and left him
She wanted more from life than he could give
I said somebody's got to take care of him
So I quit school and that's what I did

ほら私のお父さんにはちょっと問題があるでしょ

生まれつきお酒とは切っても切れない縁なのよ

働くには歳を取りすぎたっていつも言ってるけど

からしちゃそんなに老けて見えるほどの歳でもないっていうか

お母さんは愛想つかしてどっか行っちゃったし

お父さんといるよりももっといい生活が送りたかったみたい

てことは誰かがお父さんの面倒を見てあげないといけないでしょ

だから私、学校はやめちゃったの *1

 


You got a fast car
But is it fast enough so we can fly away
We gotta make a decision
We leave tonight or live and die this way

あんたは速い車を持ってる

その車は私たちが街を飛び出してしまえるくらいに速いの?

私たち、そろそろ決めなきゃね

今夜ここを出るか、それとも死ぬまでずっとこうしているか

 

 

So I remember we were driving driving in your car
The speed so fast I felt like I was drunk
City lights lay out before us
And your arm felt nice wrapped 'round my shoulder
And I had a feeling that I belonged
And I had a feeling I could be someone, be someone, be someone

あんたの車に乗ってどこまでもどこまでも走ってた時

あのものすごいスピードに私は酔っぱらったみたいになってた

街の光がいくつも私たちの目を前をかすめて

あんたが私の肩に回した腕が心地よくて

私もやっと自分の居場所を見つけたんだって

私もやっと誰かになれるんだって 心から思ったの

 

 

You got a fast car
And we go cruising to entertain ourselves
You still ain't got a job
And I work in a market as a checkout girl
I know things will get better
You'll find work and I'll get promoted
We'll move out of the shelter
Buy a big house and live in the suburbs

あんたには速い車がある

それに乗ってればどこでだって楽しく過ごせたけど

あんたはまだ仕事が見つかってないのね

私はスーパーでレジ係をしてるっていうのに

わかってる、きっと暮らしはよくなるわ

あんたもそのうち働き口を見つけて、私も昇進するだろうし

こんなシェルターなんかさっさと引き払ってさ

郊外にでっかい家を買ってそこで暮らそうよ

 


So I remember we were driving driving in your car
The speed so fast I felt like I was drunk
City lights lay out before us
And your arm felt nice wrapped 'round my shoulder
And I had a feeling that I belonged
And I had a feeling I could be someone, be someone, be someone

あんたの車に乗ってどこまでもどこまでも走ってた時

あのものすごいスピードに私は酔っぱらったみたいになってた

街の光がいくつも私たちの目を前をかすめて

あんたが私の肩に回した腕が心地よくて

私もやっと自分の居場所を見つけたんだって

私もやっと誰かになれるんだって 心から思ったの

 

 

You got a fast car
And I got a job that pays all our bills
You stay out drinking late at the bar
See more of your friends than you do of your kids
I'd always hoped for better
Thought maybe together you and me would find it
I got no plans I ain't going nowhere
So take your fast car and keep on driving

あんたには早い車がある

けど生活のために働いてるのは私だけじゃない

あんたは遅くまでバーで飲んでるし

子どもといる時間よりお友達と会ってる方が長いじゃない

もっと生活はよくなるってずっと思ってたけど

私たち、一緒ならそうなれるって思ったけど

私にはもう作戦なんてないし もうどこにも行かないよ

あんたはその速い車でどこへでも行けばいいさ

 

 

You got a fast car
But is it fast enough so you can fly away
You gotta make a decision
You leave tonight or live and die this way

あんたには速い車がある

その車はあんたが街から飛び立ってしまえるくらいに速いの?

さあ、そろそろ決めてちょうだい

今夜ここを離れるか、それとも死ぬまでずっとこうしているのか

 

これを歌った当時、Tracy Chapmanは24歳だったというのが驚き。この曲を数年前に聴いたときはそれほど深く考えを巡らせることをしなかったのだけど(少し後悔)、30歳を過ぎて、いろいろな人間関係を経験し、持っていた夢や野望の一部を手放したことで、徐々に彼女の歌声が意味を持って響くようになった。

彼女は、はじめに置かれた環境から抜け出すことを夢見て、自分はこんなはずじゃないのに、いつかもっといい暮らしがしたいと願っていた。そしてそうなるチャンスをつかみもした。けれど、結局は同じ円環のなかに閉じ込められていたことを随分あとになってから思い知らされる。

どこか達観したように物憂げで、それでいて力強いTracy Chapmanの歌声。一度聴いたら忘れられないなあ。

 

 

*1:なんとなくですが……これは、学校をやめた本当の理由を隠すために主人公の女性が考えたもっともらしく聞こえる説明なのではないかと、そう思えて仕方がありません。