other voices

洋楽歌詞の和訳や映画のことなど🎵

t.A.T.u. ”Not gonna get us”

こないだApple musicとかいう音楽的虚無からt.A.T.u.の”Not gonna get us”がいきなり流れてきて(2000年代パーティーベストっていうプレイリストに入ってた)

全くの虚無からまるで手が伸びてきたように狂ったように聴いていた中学時代に連れ戻されてしまいその場から動けなくなった

music is the only time machine we know まさしくとか思っちゃったな

(アイドル的にかわいいと思ってたのはどちらかといえばレナの方だったけど意志の強さ気の強さという意味でユーリャの方も気になって仕方がなかったからいま思うと両方に対してガチ恋してたのかもしれない。いま思ってもあのドタキャン事件からの「GOMENNASAI」発表までの流れは伝説的…まあプロデューサーがやらせてたんだろうけどトラブルメーカー的演出という意味では芸術的だったな)

というか最近とにかくこういうことが多くて むかし熱を上げていたモノやコトに触れてしまってその時間に連れ戻されるようなことが 人生がこの手のノスタルジアっぽい実感で構成されだしたらいよいよわたしという存在も次のステージに差し掛かろうとしているのかなって気がしてくる 新しく好きになる人や物ももちろんあれどそれ以上のスピードと威力で過去が追いかけてくる

特定の期間に特定の感情を抱いて聴いていた音楽や読んでいた文字列はその音の並びや文字の並びにしかない世界がそこにあって そして時間を超えてそれにアクセスすることが許されたならば本当に時間は巻き戻せるかもしれないのだと まとまってないけどタイムマシーンってひょっとしたら本当にあってもおかしくないなって思った話

 

 

youtu.be

 

youtu.be