after tonight

洋楽歌詞の和訳や映画のことなど🎵

夏前の京都; With every step we take, Kyoto to the bay

6月に入り少し仕事が落ち着いた合間を見計らって、3日休みを取った。

突然棚から落ちてきた時間(実際には棚にタックルして落ちてきたわけですが)をどうするかというと、時間がなくてやれなかったことを全部やるぞとはじめに意気込んでリストアップまでしてみたはいいものの、これがまあ~思うようにうまく使えないものだと痛感した。まず、久々の休みに浮かれて2日ほどベランダガーデンの手入れやカウチポテトで積み映画の鑑賞に時間を浪費し(大好きな作品に出会えたのでこれはまあよし)、やっとなにかする気になったのは時間の進みの速さに焦りを覚え始めた金曜日のこと。

で、朝から気合を入れて、久々に京都へ。

京都は学生時代を四年間過ごした街で、今も大好きな場所であることに変わりはないけれど、大学卒業後はなかなか一人で行こうという気になれず、友人らと一緒に行くことが多かった。

今回は一人で「ことりっぷ」片手に一日京都探検🎵😄

四条河原町

朝から気合を入れたのにもかかわらず結局到着したのは昼過ぎ。(おかしいな…?)

この土日に行くことも考えたが、何しろ休日の京都は人が多いもので、平日に行けるなら行っとくのが吉である😎
梅雨前の本日は快晴。大阪はそうでもなかったが、京都に到着し真っ先に感じたのは、湿気。そうそう、これが京都の夏なのだと忘れていた。ただひたすらに蒸し暑い京都の夏。真夏の京都は冷房の効いた部屋から一歩でも足を踏み出せば、ゼリーの中を泳ぐような…。

まずは四条河原町から三条方面へ向かう。今回はすべて徒歩です。

…ってあれっマルイがなくなってる!?(マルイは2020年に閉店だそう😢全然知らなかった)

三条方面へ

日光浴中の鉢植えたち

京料理の調理器具専門店

調理器具などの暮らしの雑貨を扱うお店にはついつい足を運びたくなります。こちらのお店には京料理のための本格的な調理器具がたくさん。ひとつひとつ丹精込められた手作り。

京都市役所前

市役所の近くにこんな像を発見。

桂小五郎の像!

明治維新を成し遂げ、近代日本の礎を築いた桂小五郎の像だそうです。目の先に国の未来を見ているのかな👀


京都御所

堺町御門側からの京都御所へ。そのまま丸太町通から鴨川へ。

穏やかな時間を体現したかのような鴨川。にぎやかな脇道の緑、空にはトンビ。

鴨川

山の稜線が絵画のよう

男の子が虫あみ片手に草の中を熱心に見つめていました。お目当てに出会えるといいね。

 

頭上にトンビ!(多分)

東山~祇園方面へ

もうすっかり夕方。

 

よしもと祇園花月

 

八坂神社の近くによしもと祇園花月があった。なんばグランド花月よりも落ち着いた雰囲気👀

 

スニーカー×網タイツルックのうさちゃん

八坂神社

八坂神社がピカピカになっていた。ずいぶん長いこと修復工事中だった気がするのでこうして全体を見るのは初めてかもしれない。

四角の門

縁結びの神

縁結びの神様。「お願いします!」と心の中で念じて立ち去る。手を合わせるくらいしたほうがよかったのだろうか…(だからだめなのだ)。👏👏👏

古美術のお店

八坂神社のすぐ近く、古美術のお店の壁にかかった能面が気になって。他にも所狭しと年代物の美術品が並べられていた。

再び京都河原町

夕暮れ時、ようやく京都河原町に帰り着いた。もうこの頃には全身汗だくのヘトヘト…。不快指数がMAXだろうとすべて吹き飛ぶ勢いの京都の夕暮れ。その美しさったらない。

レインボーフラッグ

そうそう、河原町では道沿いにこのようなレインボーフラッグが掲げられていた。6月はPride Month(プライド月間)。今日は何組か同性カップルの方が手をつないで通り過ぎるのを見かけた。京都は古都でありながら国際都市でもあり、このような取り組みは先進的で素敵だなと思った。すべての人が自由に、ありのままの自分自身で過ごせる場所となりますように。

 

ということで半日京都ぶらり一人旅のエントリでした😄🎵

卒業後10年も経てばすっかり様変わりしているかと思いきや、以前のままという場所も少なくなかった。悠久の時が流れる京都には10年程度じゃ大して変わらないよってことを再確認した一日でした。

大学四年間プラスまだまだ探検したりない気がする京都です。また機会を見つけては京都探検に行きたいと思います。😎

 

タイトルの「With every step we take, Kyoto to the bay」は私の大好きなバンド、Clean Banditの「Rather Be」という曲に出てくる一節です。

まさに京都の雰囲気にぴったりな素敵な歌詞とメロディー🎵(PVのロケ地は東京築地ですが😎)

ハマっていた頃に繰り返し繰り返し聴きました。含蓄の深さを感じるこの曲の歌詞が大好きです。


www.youtube.com

 

 

We're a thousand miles from comfort
We have travelled land and sea

気楽な場所からはるか遠く

地上と海を旅してきたね

But as long as you are with me
There's no place I'd rather be

でもそばにあなたがいる限り

場所はどこだっていいの

I would wait forever
Exalted in the scene

どんなにかかろうと待ってみせる

想像力を最大限駆使して

As long as I am with you
My heart continues to beat

そばにあなたがいる限り

私の心臓は鼓動し続ける

 

With every step we take, Kyoto to the bay
Strolling so casually

一歩一歩、京都から海岸に向かって

軽い足取りで歩いてきたね
We're different and the same, gave you another name
Switch up the batteries

私たちは違うようで同じなの、違う名前を与えられただけ

中身は同じなのよ


If you gave me a chance, I would take it
It's a shot in the dark, but I'll make it

もしチャンスをくれるなら、絶対に受けて立つわ

真っ暗闇のなかだろうと、やってみせるよ

Know with all of your heart, you can't shame me
When I am with you, there's no place I'd rather be

あなたの魂胆はわかってるから、私は落ち込んだりしない

そばにあなたがいる限り、どこだって構わないの

 

 

亡くなった飼い猫のこと; Fare thee well, so long, goodbye, as the cat said...

 

5~6月は移行の時期だった。心境の変化が大きく、混乱の渦中にいて、自分でも自分が今どんな状況なのか言葉にするのが難しかった。過去から現在への移行、生から死、そして無から有、そしてまた有から無へ。ふと気がつくと心ここにあらずで、自分が今置かれている場所、環境を、信じられないような、疑うような目で見ていた。そんな2ヶ月を過ごした気がする。

とりわけ私に大きな心境の変化を与えたのは12年を共に過ごした飼い猫の死だった。

みーちゃん。彼女のことを考えると今でも涙がこみ上げてくる。私は魂が人間だけの物だとは思わない。魂がないものとは会話ができない。だけど私はこの12年間、人が用いる言語ではなかったけれど、たしかにみーちゃんと会話をしてきたから。長年をともに過ごしたもの同士の阿吽の呼吸が成立していたし、みーちゃんは賢い猫だったから、目が合うといつも私に話しかけてくる猫でもあった。しかし彼女は不幸にして人間と同じ舌を持っていなかったので、私には猫語にしか聞こえない音の響きで一生懸命意思疎通しようとし、そして私にも彼女が何を言いたいのかはわかるのだ。なにしろ12年も一緒だったんだから。言葉は通じて当然なのである。

 

みーちゃんが亡くなって1ヶ月が経ち、少しずつ気持ちの整理がついてはいるけど、愛した存在を失うことは、辛く、苦しい。平気なつもりでも、いつまで経っても消えない悲しみが心の奥に居座ったようで。いつかは乗り越えられるように、そのときの心境を書きたいと思います。

 

続きを読む

この甘く切ない絶望 テリー・ホワイト『真夜中の相棒』を読んだ

 

 

いや~ひさびさにすごいものを読んだ。この作品はおととしに『傷だらけの天使』にハマった頃に知りずっと気になっていたもの。

すごいものを読んだ直後は動揺して心拍数が上がる気がする。そういう読んだあとに心臓がドキドキしてくる小説に巡り合うことは少ないのだけど、それがする作品は本当にする。もはや持病というか体質でしょう…。

 

著者のテリー・ホワイトはカンザス生まれの女性作家だそうで、本作が一番売れたのかな?映画化もされ仏'94年製作『天使が隣で眠る夜』として公開された。映画の方は未見。それにしても、ジョニー役を演じたのが『アメリ』に出演していたMathieu Kassovitz氏と知ったときはちょっと驚いた。なにしろ高校生の時に『アメリ』を見て、不思議な趣味を持つが心優しいニノの魅力にわたしはすっかりやられてしまったので、全く無関係と思っていたところから藪から棒に同じ俳優さんの作品に当たり、20年越しに同じ円環をぐるっと一周したかと思った。

いや、それはさておき、とにかく本作なにがすごいって、徹頭徹尾、愛し合う二人の物語なのだけど、それがはっきりした言葉をともなって形になるのはずっと最後の方。そこにいたるまでは、ツキの悪い博打好きの退役軍人と頭が少しぼうっとした映画好きの二人が、都会の底をさまよい、行くあてもなく互いだけを支えに、逼迫したろくでもない日々をやりくりしていくという鬱屈としたもの。まさに『傷だらけの天使』の世界観だな~と。ジャンルとしてはノワール小説とだけあって情景がやたらと暗い。しかしその暗さは後半に差し掛かるにつれて、むしろ主人公二人が生きる(生きざるを得ない)救いのない現実をありのままに述べるだけ、読者に報告するだけ、というそんな単調な響きが心地よくなってくる。読めば読むほど癖になりそうだった。そもそもあらすじからしてもう絶対にハッピーエンドは望めない点も傷天含め私の大好物である。

 

最後の場面、まことに勝手ながら脳内BGMは映画『レオン』からレオンとマチルダが永遠のお別れをするシーンに流れていたBGMが脳内を駆けめぐり、胸が散り散りになりそうだった。

(👇のシーン、何度見てもほんと胸に迫るものがあっていつも無傷でやりすごせないな~)

youtu.be

 

 

ノワール小説は70-80年代が全盛期らしく(私は今回はじめて読んだ)、Wikiによればアメリカのハードボイルド小説の影響を受けてフランスで流行したのだそうですが、今日を生きるのに精一杯で明日のことなんて考えられない未来への展望が抱けないという希望の薄さは冷戦中の雰囲気から醸成されたのだろうか。生まれていないので全くわからないですが…。とにかくノワール小説は暗黒小説(そのまんま訳)とも呼ばれ犯罪がはびこる世界をテーマに描くジャンルらしい。というと前段階としてチャンドラーの『長いお別れ』は必修科目のように思うが、数年前から本棚の肥やしになっておりわたしは読んでいない。読んでいない本だらけだ。いつか読まねばと思いつつもう数年ちかく本棚に積んでいる。読まない本を買っちゃだめだ…ということも再認識した次第だった。(めちゃ脱線)

 

 

とにかく本作は、幸せになりようがない二人組の話。戦場のベトナムで出会ったときからマックとジョニーは運命的な絆によって行動をともにしている。それは国への帰還後も続いている。マックは41歳、ジョニーは33歳という絶妙な年齢差、二人は他人同士だが、兄弟とも親子とも違う年の差。マックは人並みに常識的な行動ができるが、ジョニーの方は戦場で受けた精神的なダメージからマックの言葉では「子供のまま大きくなってしまった大人」の状態で、まともに社会生活を送れないという状況。マックは帰国後にそんなジョニーと縁を切ることもできたが、ジョニーの境遇に憐れみを覚えたのかマックはそうせずに彼と行動をともにすることになる。で、そんなわけだからジョニーの方はマックをまるで救い主のようにあがめている。

親を必要とする子のようにマックへの依存を深めていくジョニー。生活の面倒はすべてマックが片付けていて、金策やご近所付き合いも、他人にろくに口がきけないジョニーの代わりに彼がやる。いずれ破滅をもたらすとしか思えない繋がりの深さで彼らの帰国後の生活が続いていく。ある日、博打で作った借金を返せなくなったマックが地元の悪党にひどい暴行を加えられてしまう。それを見たジョニーは一人黙って復讐に向かう。ジョニーの殺しのテクニックは鮮やかだった。その一件が契機となり、地元マフィアのくびきから逃れられなくなった二人は殺し屋稼業に手を染めるようになる。

ここまで書いてあらすじが本当によくできていて嘆息してしまった。テリー・ホワイトすごい…映画化さもありなん…。

 

第一部のマックに対する依存の強さから、ジョニーはマックを一方的に必要としているのだと思っていたが、実はジョニーを必要としていたのはマックも同じということが徐々に明らかになってくる。結構えぐめの共依存なんですよね。いつか破滅しそうな。そしてあのラスト、あのラストーーーっ!!

 

本作は三部構成で、第一部がマックとジョニーの出会いから彼らの帰国後の日々。第二部が彼らを追う刑事サイモンの壊れゆく日常の話。そして第三部はそんな彼ら三人の日常がやがて交錯し、ついに結末を迎えるという構成。

 

以下、ネタバレになります。

続きを読む

【2022.3】東京出張ハイライト🌟3日目

前回の投稿からまたしばらく開いてしまった。(やっぱりおかしいな…)

 

after-tonight.hatenablog.com

 

 

さて東京出張もいよいよ最終日。最終日の予定は……なにもなし!

 

という気分に限りなく近い疲労度。結局また寝坊した…。朝の爽やかな陽光が目に眩しいが、三日目はあえて予定スカスカにし東京散策を楽しむ。とりあえず午前は予定1個。

f:id:after-tonight:20220403003553j:plain

f:id:after-tonight:20220403003557j:plain

f:id:after-tonight:20220403003601j:plain

四谷に向かい、事前にGoogle mapで見つけた「迎賓館赤坂離宮」を見に行く。

 

和風別館の見学は予約制。内部は撮影禁止なので、外から建物を撮る。この建物は外国の要人をもてなしたりするのに利用されるのだそう。

写真中央あたり、水面に反射した光が窓にゆらめいているのは「ゆらぎ」と呼ばれる和風別館の見どころの一つとの説明を受けた。外から見るとそうでもないが、内部からは反射した光が床から天井にかけて一面にキラキラと絶え間なくゆらめいているので、幻想的な雰囲気に思わずほっとため息をつくほど。

f:id:after-tonight:20220407224730j:plain

f:id:after-tonight:20220407224734j:plain

f:id:after-tonight:20220407224726j:plain
水温が上がってくると活発に泳ぎ回るのだろうが、この日は寒かったので鯉たちは隅っこに固まってじっとしていることが多かった…。

 

立派な盆栽が日光浴に出されていた。一番古いもので樹齢180年ほどあるらしい。

f:id:after-tonight:20220407230255j:plain

f:id:after-tonight:20220407230300j:plain

このあと和風別館の内部を見学。世界中の人々がよく知る賓客が訪れたという部屋にどパンピーの自分が立っているのはちょっと変な感じがしてソワソワ。

 

f:id:after-tonight:20220407230454j:plain

和風別館は外の庭園もしっかり手入れがされていてすばらしかった。

 

 

f:id:after-tonight:20220407230500j:plain

 

f:id:after-tonight:20220407231111j:plain

f:id:after-tonight:20220407231116j:plain

f:id:after-tonight:20220407231120j:plain

f:id:after-tonight:20220407231125j:plain

f:id:after-tonight:20220407231129j:plain

f:id:after-tonight:20220407231134j:plain


たっぷり午前かけて迎賓館を見学し、大満足。

 

昼食は青山で。お昼どき、地元の人が次々と入っていくお店が気になり、私もふらっと入ってみる。天ぷらもお蕎麦もすごく美味しくて驚き…。大阪ではなかなか食べられないような味でした。

f:id:after-tonight:20220407231742j:plain

f:id:after-tonight:20220407231745j:plain

 

午後はなにも予定が入っていないので気の向くまま思いついた順にぶらぶらっと。

清澄白河にちょっと気になっていた観葉植物ショップがあるので立ち寄ってぶらぶら。

次はどうしようかと考えていると、なんだかな~と一日目に立ち寄った神保町にあるとある本屋さんのとある本が無性に気になり始める…。結局、二泊三日だというのに二回も神保町に立ち寄ることになった。来てみるとやはり天国…本好きの天国……

f:id:after-tonight:20220407234130j:plain

 

f:id:after-tonight:20220407234836j:plain

三省堂書店さん2階の喫茶店で三時のおやつ。

新幹線まであと3時間くらい時間があったので、適当に立ち読みで時間を潰す。本屋さんに立ち寄ると毎回そうなんだけど、ここでもまたどうしても欲しい本が見つかってしまう…(恒例の)。大阪で買えばいいのにもうどうしてもここで購入して持って帰らねばという気持ちになってしまい、悶々悩んだ末、気になっていた3冊をお買い上げ。荷物にしかならないのに…ぐぬぬ おかしいな。

新幹線にて、当然のように重量物になってしまったので「大阪でも買えたのに…」という気持ちが頭をもたげ、なんとなくAmazonを見るとなんと神保町で買った本は発売日前。大阪で買えなかった。神保町、さすがだぜ。発売日前の本が平積みにされているタイプの天国だったか神保町…また行くからな…。

 

そして、東京駅。夜景に照らされた東京の夜空は紺碧。

f:id:after-tonight:20220407235635j:plain

f:id:after-tonight:20220407235710j:plain

f:id:after-tonight:20220407235714j:plain

 

新幹線の車窓から。上弦の月

今までスマホカメラの品質に慣れきっていたのが、去年にミラーレスを手に入れてからカメラの性能が飛躍的に向上し、三日月の影の部分が写真に映り込んでいるのに気づいた時はちょっと驚いた。写真ってたのしい!

f:id:after-tonight:20220407235718j:plain

f:id:after-tonight:20220407235722j:plain

新大阪の文字が見えてホッとする大阪の女。帰ってきたーー!!


 

今回の東京出張は以上です🎵

ここまでお読み頂きありがとうございました😃



【2022.3】東京出張ハイライト🌟2日目 Lost in Tokyo

前回の投稿から2週間近くも開いてしまった。(おかしいな…)

 

after-tonight.hatenablog.com

 

さて東京出張二日目。前日の強行スケジュールのため、時間ギリギリまで寝坊し、大急ぎで起床し、東京タワーに向かう。シェアバイクのサドルが微妙に硬いせいか、背中に荷物をしょっているせいか、二日目はいよいよ座面にお尻を乗せるだけで皮膚からの抗議が…。

10時からトップデッキツアーの予約だったので、寝坊気味のわたしはお尻の異議申し立てを無視し銀座から安全運転で爆走し、大急ぎで向かいました。

遠くから見たことは何度かあったけど、中に入るのは初めての東京タワー。

f:id:after-tonight:20220325225150j:plain

Lost in Tokyo

あちこちに高層ビルが林立し、まだまだ現在進行系で発展途中の東京。これだけの人が住んでいて、知人も大勢この地のどこかにいるはずなのに、誰とも会わずに自分は大阪に帰る。一人旅だからそれはそうなのですが。ビルの冷たい肌を見ていると、寂寞感のようなものがありました。

Lost in Tokyo(東京でひとりぼっち)。

 

f:id:after-tonight:20220325225438j:plain

f:id:after-tonight:20220325225443j:plain

f:id:after-tonight:20220325225448j:plain

鳥瞰図東京。👋

f:id:after-tonight:20220326002749j:plain

f:id:after-tonight:20220326002753j:plain

ガラス床になっている場所もあり、高所恐怖症にはまあまあきつかったー。😂

 

 

f:id:after-tonight:20220326002757j:plain

その昔、この電波塔に刺さって死んだ赤い竜がいたらしい。

わかる方いますかね…? 中二病全盛期のときにめちゃくちゃハマり今も大好きなゲームです…👇

f:id:after-tonight:20220326003246p:plain

リメイクして!お願い!いくらでも積む!😭💰💰💰

 

東京タワーから退出し、三田周辺でお昼。狙いをつけていたお店はどこも長蛇の列。諦めてすぐに入れそうなところに入る。

午後からは六本木方面に向かう。六本木ヒルズものすごい存在感ですね…高さ238m。

f:id:after-tonight:20220326004124j:plain


前日の疲れが微妙に抜けきらないなか、この時点で結構疲労していたのですが、お昼ごはんがいまいちだったので六本木ヒルズ近くのスーパーに入る。旅先のスーパーに入って地元の品揃えを比較するのってなにかと発見があって好きです。

f:id:after-tonight:20220326004354j:plain

10貫1000円のパックお寿司を買ってみる。これが大当たり!

そうか東京だと大阪では専門店並の味のお寿司がスーパーで買えちゃうのか…最高😘🍣

 

六本木駅周辺でいよいよ自転車がきつくなり、徒歩での移動に切り替え。疲れがそろそろピーク。

メトロポリタン美術館展を見学しに新国立美術館に向かう。これが東京タワーに続き二日目の目玉その2。

当日券は30分刻みで、次の部に並ぶ元気がなくて、さっと見ようと時間ギリギリの入場券を買う。ロッカーに荷物を預ければよいのに時間ギリギリで気が回らず何故か大荷物を背負って大混雑の展示場内を見て回った。

メトロポリタン美術館展さすがですね…ティツィアーノゴッホの教科書で一度は見たような絵などがありました。

 

f:id:after-tonight:20220326005233j:plainf:id:after-tonight:20220326005229j:plain

f:id:after-tonight:20220326005237j:plain

それにしても新国立美術館の建物は光がいい感じに影を作っていていい感じ。

 

新国立美術館を出て乃木坂駅。そこから二日目のホテルに直行で向かう。

ここは就活のときから使っていたホテルで、清掃が行き届いており静かでお気に入りの場所。

 

f:id:after-tonight:20220326005241j:plain


やっぱり二日目も夕方にはホテルで動けなくなりバタンキュー…。持ち込んだハンバーガーを食べながらBSを観てウトウト。溜めこんだ疲れが吹き飛んだ🎵

おつかれさまでした~

 

次回はいよいよ最終日です。

 

 

after-tonight.hatenablog.com